すみよしクリニック 内科・消化器科・小児科

睡眠時無呼吸症候群の検査

当院でも、睡眠時無呼吸症候群の検査が可能です。

睡眠時無呼吸症候群は、私たちの睡眠を妨げる要因の一つとして注目されています。 

無呼吸低呼吸状態とは、呼吸が10秒以上止まっている、または呼吸の大きさが著しく低下している状態を指します。

この状態が7時間睡眠中に30回以上あるいは、1時間あたり5回以上あると睡眠時無呼吸症候群となります。


こんな症状がある人は睡眠時無呼吸症候群の可能性があります

習慣性の強いイビキ、夜中に何度もトイレに起きる、起床時の頭痛、日中の眠気・倦怠感など

睡眠時無呼吸症候群の症状

検査の流れ

検査の流れ

(1)医師の診察を受けて頂き、検査が必要となりましたら、看護師より機械の装着方法を説明させて頂きます。


(2) 自宅へ帰宅後、就寝前に機械を装着して電源を入れ、そのまま朝まで過ごして頂きます。


(3) 起床時、機械をはずして頂きます。


(4) 外した機械を持って、再度来院して頂きます。


(5) 検査結果を説明させて頂き、治療が必要となれば、開始となります。


検査費用

終夜睡眠ポリグラフィー 720点

脳波検査判断料     140点

3割負担の方 2,580円

1割負担の方  860円

※上記は検査のみの費用であり、診察料は別途必要です。


睡眠時無呼吸症候群の原因となるのは…

太っていて首周りに脂肪がついている
アデノイドのどの病気により扁桃が肥大している
花粉症やアレルギーなどで鼻がつまりやすい
アゴが小さい
アルコールの摂取により筋肉が緩んでのどが塞がりやすくなるなど


症状の当てはまる方、ご心配な方はクリニックまでご相談ください。