すみよしクリニック 内科・消化器科・小児科

認知症外来

認知症外来完全ご予約制について

認知症初回の診察のみ完全ご予約制となっております。

ゆっくりお話聞かせていただくために、診察時間外の特別な枠を設けておりますので、待ち時間も少なく診察させていただくことが可能です。

当院長 住吉 健一は、認知症サポート医を取得しております。専門的な治療が出来ますので、お気軽にご相談・ご受診ください。

予約枠:毎週(水)13時・14時・15時

前日までのご予約制となりますので、お電話等でお問い合わせください。

認知症とは?

後天的な脳の変性疾患や脳血管障害などにより

認知機能(記憶する・言葉を使う・計算するなどの頭の働き)が低下し、

およそ6カ月以上継続して生活に支障をきたしている状態のこと。

「認知症によるもの忘れ」と「加齢によるもの忘れ」の違いとは?

認知症に早く気がつくには?

〈本人の気づき〉

・しまい忘れや置き忘れが多く、探し物をすることが増える。

・スーパーなどで車をどこに駐車したか忘れ、探し回る。

・留守番をしていて伝言を忘れてしまう。

・今切ったばかりの電話の相手や内容を忘れてしまう。

・テレビや新聞の内容が理解できなくなる。

・考え込まないと日付がわからない。

・約束した日時や場所を間違える。

・慣れた道で迷子になる。

・外出した際、目的地がわからなくなる。

・これまで楽しんでいた趣味や特技に興味をもたなくなる。

・何をするのもおっくうになり、自分から行動しなくなる。

〈家族や周囲の気づき〉

・同じことを何度も言ったり、質問したりする。

・買い物には行けるが、昨日買ったものをまた買ってくる。

・冷蔵庫の中に賞味期限の切れたものがたくさんある。

・お金を盗られたなどのもの盗られ妄想がある。

・車に記憶のないこすり傷がある。

・留守番をしていて伝言を忘れてしまう。

・約束した日時や場所を間違えるようになる。

・食事は作れるが、味付けが変わったり、メニューが単調になる。

・掃除を几帳面にしていた人が、散らかしっぱなしにすることが多くなる。

・服装や化粧に気を使わなくなった。

・季節に合わない服装をしている。

・これまで楽しんでいた趣味や特技に興味をもたなくなる。

何をするのもおっくうになり、自分から行動しなくなる。

・些細なことで怒りっぽくなる。

・周りへの気遣いが無くなり、頑固になる。

睡眠時無呼吸症候群の症状
睡眠時無呼吸症候群の症状

気になるポイントがあれば

【診断】

認知症は早期発見することが大切です。

当院長 住吉 健一は、認知症サポート医を取得しております。専門的な治療ができますので、お気軽にご相談・ご受診ください。


当院の認知症外来初回の診察のみ

完全ご予約制となっております。

毎週(水)13時・14時・15時枠で

ご予約お取りしておりますので、

お電話にてご予約下さい。

【相談】

生活面でのご心配等ございましたら、

ケアマネージャーにご相談ください。

担当ケアマネージャーのいない方は、

各地域包括支援センターにお問い合わせください。